東進衛生予備校のシステム

東進衛星予備校のシステムとは

受験をする場合には塾などのに行くことは当たり前になっています。

学校の授業を補ったり予習をすることで、自分の得意な教科を伸ばし、苦手な部分を克服していくことに役立ちます。

そんな受験を行うときに強い味方になるのが東進衛生予備校です。

この予備校は通常の予備校とは異なり、講師がいるのではなく有名講師の授業をDVDに焼いて、それをパソコンで見ながら授業を受けるという独特なスタイルの予備校となっています。

予備校と名前が付いていますが、実際は講師がいるわけではなく塾長とデータを管理する事務方、進路相談役が主に各予備校を管理しています。

授業内容は、日本全国から選りすぐられた大学受験のプロフェッショナルである講師陣の授業を受けることができるようになっています。

人気の参考書を執筆した人をはじめ、何万人もの受験生を志望校に合格させてきたエキスパートたちが揃っています。

基礎から志望校対策まで合格に必要な講座体系が用意されており、パソコンを活用して効率的に基礎を身につけることのできる「高速基礎マスター講座」、志望校のことを考えた「志望校対特別講座」、過去の問題の添削採点指導を行う「過去問演習講座」など様々な講座が用意されています。

生徒が合格するのに必要な要素を網羅して、提供することのできる教育システムも開発しています。

基本としては90分×20回の授業で受講者の学力基礎を固めることができるようになっており、他の予備校では週一回の授業で一年かけて学習していくカリキュラムを高速学習によって2週間〜3ヶ月で修了することが可能です。

講座の内容は高校1年生〜3年生、英語、数学、国語・小論文、古文・漢文、理科、地歴公民から選ぶことができるようになっており、講座のレベルも高校入門、高一基礎から大学のレベルに合わせて選ぶことができるようになっています。

最難関大学を目指す人にもオススメの講座はたくさんあり、基礎原理を身につけることで付け焼き刃でない知識を身につけ、それを磨きあげられます。

実力のある講師陣による質の高い授業は様々なラインナップから選べますが、担任が自分の苦手なところや得意なところに合わせて合格カリキュラムを作成することによって飛躍的な学力アップを期待することができます。
東進msg 評判より引用

通気講座によって全入試科目全範囲の早期完成を目指せます。

受講状況や自分のテスト結果をすべて記録するシステム

また、受講状況や自分のテスト結果をすべて記録するシステムにもなっています。

自分が勉強したところが目に見えてわかるようになるだけではなく、確認テストなどで間違った部分もわかることで見直しや復習を効率よく進められるようになります。

高速基礎マイスター講座、確認テスト、講座終了判定テストはオンラインでも受講が可能となっています。

インターネット上で学習を進められ、自宅で受けることが可能

インターネット上で学習を進められるため、用事があってどうしても校舎に通えないというときでも予備校で受ける予定だった授業も自宅で受けることが可能です。

あらかじめ受講の予約をすることによって、勉強に対してメリハリをつけられるようになり勉強をサイクル化することにもつながります。

このようなシステムであるため、勉強にわからないことがあり、質問をしたい時にはどうしたら良いのかという疑問もあると思います。

しかし、受ける講座を間違えなければ、講師は必ずわかりやすい授業をしてくれます。

授業を受けていて質問をしたいと思うことは少なく、圧倒的に授業はわかりやすくなっているのです。

どの講師も生徒がつまずきやすい点、効率よく勉強を吸収できる方法、勉強に対しての興味へのひかせ方がわかっている人たちばかりです。

その点からも安心して授業を受けることができます。

環境も一人一人分けられた机で三方向から壁のようなもので仕切られているような感じになっているため、集中はしやすくなっています。

教室は自習室としても使うことができ、DVDを見ていなくても使うことが可能です。

授業を受ける場合には担当の人が割り振られているため、定期的に面談をして、学校の成績や志望校についてなどを相談することができます。

適切な学習方法を共に考えることができ、実現可能かどうかもチェックする

適切な学習方法を共に考えることができ、担任が具体的なアドバイスを行うことはもちろん、実現が可能かどうかもチェックするシステムになっています。

東進衛生予備校はわかりやすい講師陣など受験に対して心強い予備校ではありますが、独特なシステムになっていることから注意したい点もいくつかあります。

授業料も高く、一つの講座につき7〜8万円程度のお金がかかる

トップ講師の授業が受けられるということはその分授業料も高く、一つの講座につき7〜8万円程度のお金がかかります。

また、入学費用や相談役への費用などもかかるため通常の塾などよりも費用は高くなってしまいます。

先生と授業をするという形ではないため、生徒の性格によってはモチベーションを保つ事が難しいケースも考えられます。

講座を受けないで自習室でだらだらする事も可能なため注意が必要です。

いくら良い予備校であっても、勉強を継続するには本人のやる気やモチベーションが大切となります。

関連記事一覧

  • 学習塾の役割とそれを取り巻く環境学習塾の役割とそれを取り巻く環境 学習塾の概要 学習塾とは主に小学校、中学校、高校で学ぶ子供達が定期テストや受験のために通う施設です。 学校教育は一般的 […]
  • ニキビの種類ニキビの種類 ニキビにはその状態によっていくつかの種類に分かれています。 順番でいうと、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄色ニキビになります。 ま […]
  • オンラインショップでの購入体験オンラインショップでの購入体験 私がオンラインショップで購入したものは、子供が使う幼稚園バッグを作るために購入した生地、糸などの洋裁用品や、お中元、お歳暮、お祝い返しなど […]
  • 化粧品選びのポイント化粧品選びのポイント 化粧品を選ぶ際にはどのようなポイントに注意すべきなのか。 女性にとってはいわば「生活必需品」と言っても過言ではない化粧品。 化粧品その […]
  • 整体で改善する身体の不調整体で改善する身体の不調 整体というと、通常皆さんはどのようなことを想像するでしょうか。 肩や首が凝ってしまったり、膝や腰に痛みがあるときに行く病院だと考える […]
  • ほうれいせんと戦う方法ほうれいせんと戦う方法 ほうれい線は年齢とともに女性がとても気になる悩みの一つです。 シミやくすみ、たるみにならんでこのほうれいせんというのは日々頭のどこかで気 […]