魅力的な全労済の共済商品

全労災について

世の中にはたくさんの保険商品があり、それを扱う保険会社も数多くあります。

民間の保険会社は「営利目的」のものが多いのに対して「全労済」は共済商品の生協で営利を目的としない組織です。

生活をよりよくしていきたいと願う人々が集まり、事業を行い、その事業の利用を中心にしながら活動を進めていき、みんなの助け合いのもとに成り立っています。

厚生労働省の認可を受けて共済事業を行う協同組合です。

ですから、予期せぬ事故や病気、トラブルなど日常生活を脅かす様々なリスクに対応するために、相互扶助の精神で保険の仕組みを使っています。

全労災は誰が利用できるの?

では、どんな人が全労済を利用できるのでしょう。

基本的には、出資金をいただけば全国のどなたでも組合員になることができて、各種の共済保険に加入し利用することができます。

共済商品には、「人に対する保障」「住まいの保障」「車の補償」「賠償の補償」があります。

この中でも多くに人が加入しているのが「人に対する保障」でしょう。

生きていれば、けがや病気、事故などは誰にでも起こりうる危険性のあるものだからです。

まずは、今の自分や将来の自分が必要なお金の流れを把握し、そのあとで、万が一の時のために「必要な保障がいくらあればよいのか」ということを知るべきです。

公的年金や勤務先の福利厚生制度がいくらもらえるかをあらかじめ調べておくのも良いでしょう。

特に、家庭を持っている方は、万が一の時に、扶養している家族がきちんと今まで通り生活ができるような保障が必要となります。

最初に、住宅資金、教育資金、老後資金の三つの大きな柱をもとに考えてみるとよいでしょう。

また、全労済の公式サイトでは、年齢や性別等からあなたにピッタリのプラント掛け金をシュミレーションできるものがあります。

必要な事項を入力するだけで、すぐにお勧めの共済商品がわかるので、はじめてこうした保険に加入する方にはよいでしょう。

全労済の共済商品の特徴としては「保険料が安い」ということです。

民間の保険会社のものと比べて月々の保険料が安く、子育て世代の方でも家計の負担になりません。

しかも、家計にはうれしい「割り戻し金」がもらえます。

割り戻し金とは、決算の結果、剰余が出た生じた場合にご契約者の皆様にお戻しするものです。

加入した共済では多い場合では20%で、少ない場合でも5%の割戻金が毎年あります。

様々な保険は、結婚や出産などのライフステージが変わるたびに見直し、その都度、必要な保障を補いながら余分な出費を抑えることも大切です。

参照:全労済

関連記事一覧

  • ベアミネラルの口コミをチェックベアミネラルの口コミをチェック 情報化社会と呼ばれて久しいですが、そのおかげで自分が商品を購入する前にどのような評価を得ているのかを知る事が出来る時代になりました。 […]
  • ベアミネラルを購入したいベアミネラルを購入したい ベアミネラルを購入するのであれば、インターネットが手間がかからないと言われています。 インターネット上であれば、扱いのある商品であれば簡 […]
  • 矢口敏和のマンション管理の二つの方法矢口敏和のマンション管理の二つの方法 マンション管理には二つの方法があり、それぞれメリットデメリットがあるので、その点を承知して決定する必要があります。 一つはマンション […]
  • 化粧品選びのポイント化粧品選びのポイント 化粧品を選ぶ際にはどのようなポイントに注意すべきなのか。 女性にとってはいわば「生活必需品」と言っても過言ではない化粧品。 化粧品その […]
  • 日本人の瞳の色を徹底的に研究したカラコンRei日本人の瞳の色を徹底的に研究したカラコンRei 流行りのカラコンをつけてみたいと思っている人も結構多いのではないでしょうか。 瞳が華やかになるだけで顔全体の印象は大きく変わりますよね。 […]
  • ほうれいせんと戦う方法ほうれいせんと戦う方法 ほうれい線は年齢とともに女性がとても気になる悩みの一つです。 シミやくすみ、たるみにならんでこのほうれいせんというのは日々頭のどこかで気 […]