学習塾の役割とそれを取り巻く環境

学習塾の概要

学習塾とは主に小学校、中学校、高校で学ぶ子供達が定期テストや受験のために通う施設です。

学校教育は一般的に全ての生徒に対して均等に指導がなされるため、どうしても元々個人個人が持つ実力差を埋めにくいという問題があります。

そこで学習塾に通うことによって、学力を高めて志望校合格を目指すという子が多いです。

ただし、受験はより良い点数を取った方が合格するという相対的な仕組みを採用しているので、元々優秀な学力を持つ子が塾に通うことでさらに力を付け、そういった子に勝つために他の子も塾に通うという流れも出来ています。

この結果、ほとんどの子が塾や家庭教師、通信教育などを利用するようになっており、少子化と呼ばれる時代でも安定した需要を獲得している業界の1つです。

また、子供の学力は二極化が進んでいます。

かつては五段階評価でいうところの真ん中である3という成績をとる子が非常に多くいました。

しかし、昨今では成績が頗る優秀な子と、学校の授業に全くついていけない子の差が極めて大きくなっています。

そんな学校の授業を上手く活用できない子を助けるのも学習塾の大切な役目です。

すなわち、塾の役割は必ずしも志望校合格だけではないと言えます。

ただ、全ての塾が同じような生徒を対象にしているわけではなく、進学を重視している塾もあれば、学校の授業のサポートを重視している塾みあります。

そのどちらの要素も併せ持つ佐々木理数塾のような塾も増えてきています。

高学力層が塾へ行く理由

学力が二極化されていることは高学力層が塾へ行く理由の1つにもなっています。

公立学校の中でよく出来ている子とほとんど出来ていない子がそれぞれ数人ずついた場合、基本的には出来ていない子に授業をペースを合わせます。

すると、よく出来ている子にとっては退屈な授業となってしまいます。

そんなことをしていると他の学校のライバルとは差を付けられるので、自分のペースに合わせてもらえる塾に通うというパターンです。

個別指導であれば自分だけの学力に合わせた授業を行ってもらえます。

集団指導であっても、塾では同じくらいの学力の子が集まっているので、実力に乖離した授業が行われる心配はありません。

このように学習塾は非常に役立てられている存在です。

唯一の懸念はその費用にあります。

ほとんどの中高生が当たり前のように学習塾に通っていますが、その費用は決して安いものではありません。

そこで一部の自治体では塾に通う費用の一部を市が負担するなど対策が練られています。
→塾代助成事業

関連記事一覧

  • 東進衛生予備校のシステム東進衛生予備校のシステム 東進衛星予備校のシステムとは 受験をする場合には塾などのに行くことは当たり前になっています。 学校の授業を補ったり予習をすることで […]
  • ヴィトックスαの特徴と公式サイトで注文するメリットヴィトックスαの特徴と公式サイトで注文するメリット ▷近年話題になっている増大サプリとは? ペニスのサイズは、男性にとって大きな問題です。 大きいと女性を満足させられると自信を持てま […]
  • 青汁で健康的にダイエットを始めましょう青汁で健康的にダイエットを始めましょう ダイエットをするとなると、まず先に思いつくのが食事を控えるという人が多いのではないでしょうか。 カロリー摂取を気にしたり、食事を抜い […]
  • ほうれいせんと戦う方法ほうれいせんと戦う方法 ほうれい線は年齢とともに女性がとても気になる悩みの一つです。 シミやくすみ、たるみにならんでこのほうれいせんというのは日々頭のどこかで気 […]
  • ウォールステッカーの利点と活用法ウォールステッカーの利点と活用法 私が現在住んでいるのは賃貸アパートで、戸建てに比べると部屋数も2LDKと少なくさほど広くもありません。 なるべく家具やインテリアを置 […]
  • ペアネックレスを選ぶときのポイントペアネックレスを選ぶときのポイント カップルでペアネックレスを付けようと考えて選ぶときには気にかけておきたいポイントがあります。 ブランド物でしっかりとしたものを選びた […]