一人暮らしでも飼育しやすいペットをクーアンドリクがご紹介

ハムスターを飼う

ペットといえば犬や猫が代表とされますが、気になるのが飼ってからの飼育方法です。

特に一人暮らしをしていると寂しくなってなおさら動物と触れ合いたくなるものです。

しかし、散歩が必要だったり、トイレの世話が必要だったり、そもそも飼うことが禁止されていたりと断念してしまう人もいるでしょう。

そんな人に向けて、ここでは一人暮らしでも飼いやすいペットたちをご紹介します。

記事を参考に自分にピッタリのパートナーを見つけ出してみてください。

まず最初にご紹介するのが「ハムスター」です。

そのつぶらな瞳と頭をクシクシする仕草がとてもかわいらしく、飼うことができる小動物の代表格とも言えるでしょう。

ハムスターは数百円単位から販売されているため、大人だけでなく子どもでもお小遣いで飼うことが可能です。

一人暮らしでは飼育スペースをそれほど確保できる環境ではないケースがほとんどだと思います。

ハムスターであればケージのサイズが縦横40〜60cm程度ですので6畳ほどの広さでも十分飼うことができるでしょう。

また、ケージ内で飼えば部屋を汚すこともありませんので、賃貸であったとしても大家さんに相談すれば許可をもらえることも多いです。

ハムスターにも種類や個体によって個性がありますので、気になる方は実際に触れ合いながら選ぶと良いでしょう。

ウサギを飼う

次にご紹介するのは「ウサギ」です。

小学校の生き物係になって実際に飼育の経験がある人もいるのではないでしょうか。

大きさは種類によって様々ですが、なかには両手に乗るほどの小さなウサギもいます。

にんじんをポリポリモグモグと食べる仕草が印象的で、その人気からウサギ専門のペットショップまで存在します。

また、ウサギは犬や猫のように吠えたり、響いたりするわけではなく声帯がないため鼻を鳴らすような感じでうるさくありません。

さらにトイレを覚えたり、草食動物なため臭いが気になかったりと室内飼いとしてもピッタリです。

よく「ウサギは寂しいと死んでしまう」という話を聞きますが、実際にはそのような心配はいりません。

ただし、胃腸を常に動かさなければいけないという特性があり、12時間以上絶食してしまうと危険な状態に陥ってしまいます。

そのため、数日放置してしまうと死んでしまうため、放っておいたら死んだ、寂しいから死んだと考えてしまったのだろうと推測されます。

ウサギに限ったことではありませんが、旅行で数日家を空けるという場合には世話を誰かに頼むなど注意が必要です。

ハリネズミを飼う

トゲトゲした外見とは裏腹なクリクリとした丸い瞳に心を奪われてしまう「ハリネズミ」。

徐々にペットとして飼う人も増えてきています。

ハリネズミのトゲは外敵から身を守るためにありますので、心を許してくれればトゲを立てることもありません。

ハリネズミを触るときにトゲを寝かせてくれているなら、それは受け入れられた瞬間でもあります。

その感動からますます愛着が湧いてくるでしょう。

ただし、気温に敏感な生きものですので温度管理には気を配る必要があります。

また、基本的に肉食でミルワームなどの餌を好むため苦手な方はハードルが高いかもしれません。

鳥類を飼う

また床にスペースがない場合は、文鳥やセキセイインコなどの鳥類もおすすめです。

吊るすタイプのケージであれば上手に室内スペースを活用することができます。

ただ、手乗りとして飼いたいのであれば雛の状態から飼育する必要があります。

生後一ヶ月程度はつきっきりで世話をしなければいけないため、外出の多い人には難しいでしょう。

鳴き声が大きく気になることもありますので、大家さんや隣人の方との兼ね合いも出てきます。

深夜帯の対策では鳥かごに布をかけたり、部屋を暗くしたりすればすぐに眠ってくれます。

熱帯魚を飼う

癒やしが欲しいという人には水の中を泳ぐ熱帯魚を眺めてみるのはいかがでしょうか。

特に金魚は水温調整や酸素の供給の設備を整えれば、ケガや病気にもなりにくいです。

飼育することに慣れていない初心者でも可能です。

しかし、触れ合うことはできないため、コミュニケーションは取れません。

人間の手で触れてしまうと火傷してしまうと言われていますので、あくまで観賞用として楽しみましょう。

以上、ご紹介した動物たち以外にも様々な種類が存在します。

かわいらしい彼らをみると衝動的に飼いたくなることがあります。

しかし、ペットたちが頼れるのは飼い主しかいません。

必ず飼育方法や飼った後のことを考えてから決めるようにしましょう。

あと、飼った後にわからないこと、困ったことがあった時相談に乗ってくれるクーアンドリクなどのペットショップ選びも大事です。

ちょっとした衝動を満たすのであれば猫カフェやウサギカフェ、ふくろうカフェなども存在します。

観賞するだけであれば動物園でも良いでしょう。

一時的な欲求ではないことを確かめることも大切です。

また、ハムスターで言えば、彼らは哀しいことに短命で2年から3年ほどしか生きられません。

ペットとは過ごした分だけ、お別れのときも辛い思いをすることがあります。「生き物を飼う」ということをしっかりと心に留めておきましょう。

そうすれば、一生大事にできる時間をともに歩んでいけるはずです。

関連記事一覧

  • 中高年の方がお得なこくみん共済中高年の方がお得なこくみん共済 こくみん共済は全国労働者共済生活協同組合連合会、全労済が行っている保障プランの1つです。 全労済では組合員がお金を出し合い、組合員の […]
  • 全保連の家賃保証の活用法全保連の家賃保証の活用法 ■全保連の家賃保証の多様化 家を借りる際に連帯保証人をつけないと借りることができないような時代がありました。 しかし、昔は連帯保証 […]
  • ほうれいせんと戦う方法ほうれいせんと戦う方法 ほうれい線は年齢とともに女性がとても気になる悩みの一つです。 シミやくすみ、たるみにならんでこのほうれいせんというのは日々頭のどこかで気 […]
  • 映像作品のエキストラスタッフはどのようにして確保されているのか映像作品のエキストラスタッフはどのようにして確保されているのか エキストラスタッフの役割 映画やテレビドラマなどといった映像作品において、エキストラスタッフは大勢の人間がいる場所でのシーンを演出する際 […]
  • ベアミネラルの口コミをチェックベアミネラルの口コミをチェック 情報化社会と呼ばれて久しいですが、そのおかげで自分が商品を購入する前にどのような評価を得ているのかを知る事が出来る時代になりました。 […]
  • ペアネックレスを選ぶときのポイントペアネックレスを選ぶときのポイント カップルでペアネックレスを付けようと考えて選ぶときには気にかけておきたいポイントがあります。 ブランド物でしっかりとしたものを選びた […]