ニキビの種類

ニキビにはその状態によっていくつかの種類に分かれています。
順番でいうと、白ニキビ、黒ニキビ、赤ニキビ、黄色ニキビになります。

まずは、ターンオーバーの乱れなどから毛穴が硬くて狭くなり、皮脂によって毛穴が詰まってしまった状態から始まります。
これが白ニキビといわれているものです。

見た目ではわかりにくいのですが、触ってもらうとブツブツした感じがあるのですぐにわかると思います。
この状態ではまだアクネ菌の繁殖はありませんので潰しても大丈夫だといわれています。

そして、皮脂が徐々に溜まり始めて毛穴を少しずつ広げていき、ついには溜まりすぎた皮脂が出てきてしまいその皮脂が酸化していき黒くなってしまいます。
これが黒ニキビです。
よく鼻に出来るものです。

ここまでのニキビはまだひどくありません。
黒ニキビは洗顔などで過度の刺激を与えすぎてしまっも出来てしまうものです。
正しい洗顔をしていけば綺麗にとれていくので優しくしっかり洗ってください。

詰まった毛穴の中でアクネ菌が繁殖し溜まった皮脂を分解していく過程で出来てしまう脂肪酸が炎症を引き起こしてしまい赤く腫れてきます。
これが赤ニキビといわれているものでここまでになってしまうと早めのケアをしていかないとニキビ跡になってしまう可能性があります。

アクネ菌以外にも紫外線によって皮脂が酸化して炎症を起こしてしまうと同じように赤ニキビになってしまう場合もあります。
この状態から炎症がさらに進んでしまい毛穴に化膿したクリームのような膿が溜まってしまった状態を黄色ニキビといいます。

これがニキビの最終段階だといわれていて、炎症が表皮だけではなく真皮組織までに達してしまっている場合がほとんどで真皮組織が破壊されてしまい炎症が治ったとしても色素沈着やひどい場合は凸凹になってしまうクレーター状の肌になってしまいます。

クレーター状の肌になってしまうと完全に治すのは不可能だといわれているので、赤ニキビのうちにスキンケアをしていかなければなりません。

この他にも白ニキビになる前の微小面ぽうと紫ニキビ(結節性ニキビ)というものもあります。
微小面ぽうは肉眼での確認は出来ないほどの小さいもので、毛穴が狭くなり始めて汚れ(古くなった角質)や皮脂が溜まり始めた頃のものです。

紫ニキビは毛穴の深部にまで膿が溜まってしまい、その膿と一緒に血液が混ざった状態で「しこり」になっており、ゴリゴリとした感じが触るとします。
この紫ニキビは黄色ニキビよりも高確率でニキビ跡を作ってしまいます。

 

参考情報
エステではニキビ跡を治すために汚れを取るためのピーリングから実践
クリニックでニキビ跡を治す場合

関連記事一覧