目の下のクマ対策

目の下にクマができてしまいますと、見た目的にかなりデメリットがあります。

暗い印象になってしまいますし、老けた印象にもなってしまいます。

原因としては、血液がうっ血してしまっていること、そして、目の下の皮膚はとても薄いため、細かい血管などが見えてしまっているということもあります。

睡眠不足になりがちな方は、クマもできやすく、対策でお悩みの方もいるかもしれません。

まず自分でできる対策としては、血流をよくする方法があります。

温めたタオルを目の下に当てて、しばらくあたためます。

血流がよくなることで、うっ血状態が緩和されて、目立たなくなることがあります。

また、マッサージをすることも効果的です。

目の下の皮膚は薄くなっていますので、強くこすってしまうのはいけませんが、マッサージクリームやオイルなどを使い、優しくマッサージしていきましょう。

これも、血流が良くなるための方法です。

もし、目の下にたるみができてしまっていて、さらにクマのように目立ってしまうということでしたら、美容外科的な方法で解決することができます。

美容外科クリニックで行うことができますが、たるみ取りという方法です。

目の上、その付近の脂肪が垂れてきてしまうことで、血管が浮き出てみえてしまうために、クマのようになってしまうのです。

ですから、脂肪吸引という方法を行い、解消していきます。

保険が適用外となりますので、できれば事前に料金などを確認してからカウンセリングに行くことをおすすめします。

クリニックによって、施術方法が異なることもありますし、ベストな方法を提案してもらうことができます。

年齢とともに、お肌にはさまざまな悩みが出てきます。

しかし、予防することもできますし、万が一予防しきれなかったとしても、さまざまな対策方法がありますので、ぜひ実行されてみてください。

クマに関しては、コンシーラーで隠すという方法もあります。

しかし、濃くぬってしまいますと、浮いてしまって違和感がでてしまうこともありますし、脂肪が原因の場合ですと、より強調してしまうことになってしまいますので、要注意です。

美肌のために、できるだけ睡眠をとり、保湿効果が高い化粧品をつかっていくというのもおすすめです。

もし、それでもできてしまった場合には、美容皮膚科や美容外科クリニックで相談しますと、その方その方に合った対策方法を提案してもらうことができますので、まずはカウンセリングに行ってみるのも良いでしょう。

参考記事→目の下のクマはヒアルロン酸注入で解消